順造さんが伝えます#6

85歳にもなってくると、目もいろいろ次々不具合が出てくるのに
驚かされますよ。

一昨年春頃でしたでしょうか、朝目を開けようとすると瞼が
開かないのです。努力すると開きますが、パッと開かない!!!
驚きますよ!!!!

これは瞼の筋肉が衰えて、瞼を押し開く力が減少してきた為だと
自己診断(正しいかどうか知りません)し、
すぐ毎朝 目を一杯に大きく見開き、10秒くらい遠くを見る、
そして緩める、また繰り返すことを10回。
これを10日ほど続けますと、起床時パッと目が開くようになる!
自分の自己診断も満更ではないぞとほくそ笑む。

その後は気が付いたときにこの瞼の運動をチョイチョイすることで、
この問題は解決しましたね。

何でもそうですが、身体の不具合が出てきたらすぐその原因を考え、
何らかの行動を起こすことが、大事なように感じています。
ビタミンCを飲んだり、アントシアニンを沢山含んでいると言われる
ブルーベリージュースを飲んだりもしましたが、体感できるような
効果はありませんでした。それは80歳を過ぎている身体的な衰え
もあるとは思います。若い人とは違うようにも感じられますね。
高齢になってくると体力の衰え、筋肉の衰えは想像以上ですからね。

矢張り、目の運動、手の運動、首の運動、指先をぐっと広げる運動
など大切だと実感しています。

                                松 順造


記載内容は高齢者として個人的な体験や想いにより書かれておりますが、 あくまでも主観によるものですので、
全ての人に当てはまるものではございません。


アーモンドには目の疲労に役立つビタミンEが豊富!
食塩無添加、素焼きだから身体に優しい。

ご存じですか??実はにんじんのβカロテンは
目にもよいのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA