順造さんが伝えます#12

皆さん ご飯を食べたり、飲み物を飲んでいる時に
むせたりすることはありませんか?

私は80歳頃から飲食の時にむせることが多くなって
きました。

60歳くらいになってくると、この症状が出る人が
増えてくるそうです。むせてものが食道に入って
行かず、気管の方に入り肺に行くと、肺に炎症を
起こし肺炎になるのですよ。
これを誤嚥(エン)性肺炎というのです。
70歳以上の肺炎では この肺炎が8割を占めると
云われています。

肺炎は怖いですよ!!!!
死に直結していきますから要注意です。

私は80歳頃から飲食の時にむせることが多くなって
きました。だんだんひどくなってきて、
これは用心しなくてはと思い調べてみますと、
食道と気管の部分(大体のどの部分)の筋肉の衰えが
主たる原因(私の場合)だと分かり、
下記の運動をはじめて今も続けています。

まず
1)大きな口を開けて「アー」と大きな声を出します
2)次は口を横に引っ張るようにして「イー」と大きな声を出す
3)次は口をすぼめて「ウー」と大声を出す

この運動を毎日10回くらい繰り返していますと、
むせることがなくなったのにビックリし、
続けてきましたが、今は隔日位に減らしています。
私には効果がありましたよ!!!

もう一つは口の中を清潔に保つことが大事なようです。
これは毎朝晩、歯を磨くことです。
高齢者、また歯茎の弱い人には下記の歯ブラシを
ご参考にされたら如何でしょうか。

これくらいのことで私はむせたりすることが
防げています。
そしてそれが原因の肺炎の予防につなげているのですよ。

                                松 順造


記載内容は高齢者として個人的な体験や想いにより書かれておりますが、 あくまでも主観によるものですので、
全ての人に当てはまるものではございません。


極細毛で歯と歯茎にやさしい高齢者のための歯ブラシ

クランベリーがソフトゼリーになりました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA